SXO(Search Experience Optimization)とは?

SXO対策

ここ最近、主流だったホームページを検索結果の上位に表示させる手法であるSEO(Search Engine Optimization)からSXO(Search Experience Optimization)に注目が集まってきています。

このSXOとはどのようなものなのかを理解して、しっかりと対策をしましょう。

Googleのアルゴリズムに「検索ユーザーにとって有意義なサイトを検索結果の上位に表示させる」という傾向が見られます。
これこそがSXO(Search Experience Optimization)です。
これはGoogleも公式に発表しています。

SXO対策

検索結果で表示されたホームページに自分の欲しい情報が無ければ、それは「検索ユーザーにとって有意義なサイト」ではありません。
「何の為に」ホームページを作成するのか、根本をブラさなければ必然的に「検索ユーザーにとって有意義なサイト」になるはずです。
これまでよりもコンテンツの充実が重要視されるのです。

しかし、この「検索ユーザーにとって有意義なサイト」とはホームページのコンテンツ内容に限った事ではありません。
レスポンシブ対応やECサイトならば購入までのスムーズさ等、使い勝手も考慮する必要があります。
また、Googleが推奨している高速表示の為のAMP化、セキュリティ強化の為のSSL導入、スマホ利用者の増加によるモバイルファーストインデックスなどもSXOに関係してくる要因となります。

ただ、SEO対策もしっかり行う事も忘れてはいけません。
スマイルホームページのSEO対策

まとめ

  • オリジナルで良質なコンテンツ作成
  • UX(ユーザーエクスペリエンス)=サイトの使い勝手の良さ

を意識してサイトの構築をする事です。

フリーダイヤル 0120-974-459

電話受付:平日 9:00~19:00